出産した妻が娘と退院

こんにちは。

産まれたばかりの娘に会えなくなって寂しい夜を毎日過ごしているノッピーです。

妻が初めての出産を終え、産後の入院期間も過ぎ退院して実家に戻る事になったのよ。

眠っている娘

※画像をクリックすると拡大するよ!

産後5日くらい入院してたんだけど、俺は産後2日目で愛知県に戻っちゃったからね。

今回は妻が退院して実家で娘との新生活が始まっていくという話ね。

妻が産婦人科の退院を迎える

出産を終えた妻が産婦人科を退院するんだよね。

俺は既に愛知県に戻っているので、また妻の退院に合わせて行こうかと考えてたわけ。

でも今回は妻の両親が手伝ってくれるから来なくてもいいよと。

妻が入院している産婦人科

※画像をクリックすると拡大するよ!

近場であれば退院の際に荷物とか取りに行くんだけど、愛知県から大阪まで結構距離(だいたい200キロ)あるからね。

で、妻の実家(大阪)に行く事は無かったんだけど、連絡は取り合ってたから状況だけ分かってたのよ。

退院は基本的に午後から

出産後の退院は基本的に午後からってのが決まってるみたい。

とりあえす昼食を取ってからの退院になるから、妻が退院したのは正午過ぎくらいの時間帯だったかな。

に朝連絡取った時に、昼過ぎに帰宅するとの事で、ゆっくり午前中は娘と過ごしてたみたい。

産婦人科のベッドの上で過ごす妻と娘

※画像をクリックすると拡大するよ!

そんで娘も退院に向けた体調チェックとか色んな事やって、遂に実家での生活が始まるんだなと感慨深くなった。

正午くらいに妻の両親が迎えに来て、荷物もまとめて車に積んでいき数日ぶりに実家に戻る事になる妻。

こうして出産を終えた妻が娘と一緒に産婦人科から退院するわけ。

妻と娘が実家に帰宅

正午になって退院の時間となり、昼食後に両親と娘と実家へ帰宅した妻。

娘は病院から妻の実家へ始めて行くんだけど、今後数か月はこの家で過ごす事になるわけ。

里帰り出産期間の延長する理由はこれ。

実家でこれから過ごす娘は妻が使っているベッドの上で1日の大半を過ごす事になるわけ。

妻のベッドはセミダブルサイズなので、大人2人の間に赤ちゃんを寝かせても余裕の広さなのよ。

シモンズのベッドで寝る娘

※画像をクリックすると拡大するよ!

ベッドは妻が独身時代に高い金出して買ったというシモンズのベッド。

いやね、いつも寝心地をうるさいくらいに自慢されるから娘も快眠だろうと。

そして早速帰宅して娘をベッドに寝かせたら、そのまま寝てしまったらしい。

寝起きの娘と妻

※画像をクリックすると拡大するよ!

数時間後に起きてから、妻が娘と一緒に撮った写真を送ってきた。

うん、ベッドの寝心地よりも眠たかっただけでしょう。相変わらずシモンズのベッドの寝心地がいいからと主張する妻。

この際そういう事にしておこうかと。やたらとシモンズを強調するので(笑)

これから妻と娘の実家での生活が始まる

これから遂に娘は妻と一緒に実家での新生活が始まっていくんだよね。

妻は自宅で仕事しながら、娘の面倒を見ていく流れになるわけ。

とは言え、娘は1日のほとんどを寝て過ごすし、起きたら授乳するの繰り返しになるだろうけど。

妻も無事に退院して生まれ育った実家で過ごせるので、気持ちもリラックスしてるだろうし大丈夫でしょう。

ベッドでくつろく娘

※画像をクリックすると拡大するよ!

俺の場合、何らかのイベントの時に妻の実家に行く事にしてるから、次行くのは娘のお礼参りの時かな。

まあ毎日連絡は常に取り合ってる状態なんで、9月までは一人暮らしだけど何とかなるかと。

これから毎日、妻から娘の様子の写真を送ってもらう事にするよ。

娘が今後どのように成長していくのかが楽しみになってきた。