赤ちゃんのおむつ交換

こんにちは。

妻から聞いた娘のおむつ交換の多さに驚くばかりのノッピーです。

娘は産まれて1ヶ月近くになるけど、里帰り中の妻の退院と共に実家での生活が始まって約3週間ほどが過ぎたわけ。

俺は相変わらず妻が戻ってくるまで1人暮らしで食生活に不安しかないんだけど。

赤ちゃんがウンコしたら即おむつ交換

そんで、娘は1日の中で寝ている時間がほとんどだけど、起きたら授乳しておむつ交換が毎回の決まりごとみたいな感じ

だいたい授乳の前後にウンコするケースが多く、「飲んだら出す」もしくは「出したら飲む」みたいなイメージ。

俺も娘が産まれておむつ交換を何度かやってみたけど、回数は想像以上に多いんだよね。

今回は赤ちゃんのおむつ交換の回数の多さと、おむつの消費の早さについて書いてみようかと。

おむつ交換しないと不快感で泣き始める

赤ちゃんって排泄後に股間の不快感で、すぐに泣いちゃうんだよね。

おしっことウンコは頻繁にするんだけど、おしっこの場合は数回したら交換でウンコした場合は即おむつ交換する事になるわけ。

特にウンコの後は股間やお尻にまとわりついて、不快感を解消してほしくて泣きだしちゃうんだよね。

赤ちゃんのおむつのサイン

というのも、赤ちゃんのウンコって固形じゃなくて液状だから、股間やお尻にまとわりつく不快感が強いのよ。

赤ちゃんが泣いててもウンコした事に気付かないままだと、お尻がかぶれて赤くなっちゃうわけ。

かぶれてるとかゆみを感じるけど、赤ちゃんはかゆくても泣く事しかできないからね。

おむつ交換してほしくて泣く娘

※画像をクリックすると拡大するよ!

こんな感じでお尻に不快感を感じたら、すぐに泣きだしてしまう娘。

ちなみに顔が赤らんで泣いてる時は、赤ちゃんが怒ってる時だから早くおむつ交換してあげて

そこで常に親がチェックして綺麗な状態を保ってあげる必要があるんだよね。

妻は1時間に1回は娘のおむつをチェックし、おしっこやウンコをしていないかを確認してるんだけどさ。

たまにブチュっとかブーとかの大きな屁の音がして、そのままウンコが出てる事もあるのでわかりやすいみたい(笑)

おむつ交換による消費は予想よりも早い

俺も娘のおむつ交換回数の多さによる消費量の速さには驚いた。

おむつ交換は少なくても1日10回前後はあるから、予備を多めに用意しとけば大丈夫。

俺の娘の場合は多い日で10回以上交換してるから、おむつを買ってきても減るのが早くてまとめ買いしてるわけ。

とは言っても、新生児用のおむつは1パックに大量に入っているから1回の購入で1~2週間くらいは持つ感じだね。

新生児用のオムツ

で、新生児用のオムツって、メーカーによって違いはあるけど、だいたい70~90枚くらい入ってるよね。

新生児は排泄量が子供よりも少ないけど、少しでも出しておしりが汚れて不快感を感じると泣きだすのよ。

赤ちゃんは肌が敏感だし、何かを伝える時も泣く以外に方法がないからね。

そこで、すぐにおむつを交換できるように布団の枕元に用意しておくのがいい

おむつとお尻ふきはセットにして、排泄後はすぐに交換して清潔な状態を保ってあげる事を意識しといて。

おむつの予備は多目に用意しておこう

おむつの予備は多めに用意しておくと安心できるよ。

最初に言ったけど、赤ちゃんはおむつの1日あたりの交換回数も多く、おむつの消費って予想以上に早いからね。

新生児用のおむつは1回で2セット分を購入して用意しておけば、何度も買いに行く手間も減らせるし楽になる。

もし、おむつの残りが少なくて買いに行けない状況の場合はオシッコは何度もさせて、おむつの節約をしなきゃならんのよ。

おむつの予備

節約のためといって、オシッコも何度も溜めるとおむつの中が湿ってしまい、股間周りが濡れるまでは行かないけど不快感はあるわけ。

これってさ、大人でもパンツが汚れたままずっと過ごすのって気持ち悪いじゃない?

股間周りはできるだけ清潔な状態を保ってあげたいから、おむつをすぐに交換できる余裕は持っておいた方がいいよ。

それに不快感でストレスが溜まるからね。赤ちゃんは大人以上に敏感だから、すぐにオムツを変えてあげてほしい。

おむつを交換して快適な状態だと、娘はこんな表情で過ごしてるんだよね。

おむつ交換したあとの娘

※画像をクリックすると拡大するよ!

最初に出した泣き顔の写真とは別人みたいにスッキリした顔してるでしょ。

妻は娘が快適に過ごせるように常に排泄状況は確認してるけど、交換が遅れるとおしりがかぶれるから気を付けてるみたい。

俺も娘に会いに行った時はまたオムツ交換してあげるんだけどさ。まだ上手にできないから練習しておこう。

赤ちゃんが排泄したらすぐにおむつ交換して、赤ちゃんのお尻周りの快適さを保ってあげて

おむつの予備は多目に用意して、余裕を持って備えてあげるのがいいよ。