エアバギーの走行性と快適性

こんにちは。

エアバギーに娘を乗せて、走行性能を楽しんでいるノッピーです。

タイヤの初期不良から始まり、追加オプション購入でエアバギーもグレードアップ完了と。

そして遂に娘を乗せて走行性能を体感する時がやってきたわけ。

これはコンビミニのベビーカーに乗っている娘だけど、エアバギーではどういった反応をするのか?が楽しみだね。

俺の子育て・ベニーカーに乗る娘

※画像をクリックすると拡大するよ!

その場で娘を乗せて店内を1周してみたが、あまりの走行性能の良さにストレスを感じなくなった。

これは期待できるぞとワクワクしながら店を出て、実際のレビューを紹介していこうと思う。

で、今回はエアバギーに娘を乗せて名古屋の栄をブラついてみた話ね。

エアバギーの走行性能を体感開始

交換やオプションの装着も終わり、直営店を出て名古屋市の栄を妻と娘の3人で散歩してみる事に。

店を出てすぐ、あまりの走行性能の快適性に感動すらしてしまう程だった。

コンビミニの時に感じていたストレスを全く感じないんだけど、こんなに違うのか?と誰もが分かるレベルなのよ。

歩道の段差

例えば道と車道の境目にあるちょっとした2センチくらいの段差なんかが分かりやすい。

コンビミニだと引っかかって進まないんだけど、エアバギーは全く車輪が引っかからず、そのまま前に進めるのよ。

しかも移動時に押す時も力もいらず、軽く押しただけで前に進み始める。

とにかくスイスイ進むという表現が一番わかりやすいと思う。

進むベビーカー

それくらいエアバギーは走行性能が高い。多分これ以上のベビーカーは無いと思うよ。

また、コンビミニとは違った性能を見せるエアバギーの良さを体感し、これは便利で人気の理由が分かった。

走行時の安全性が比べ物にならない

特に俺が体感したのはエアバギーの安全性なのよ。

ちょっとした上り坂や下り坂の時でも、安全対策で手首に付けるストラップが付いてる。

ストラップを付けておけば、万が一手が離れた時もストラップで止まるから安心なのよね。

また、ハンドルにはブレーキが付いているから、エアバギーを止めたい時に使える。

下り坂

ブレーキがあれば自分のペースでベビーカーを止める事ができるから、交差点を歩く時も安心なのよ。

特に坂道がブレーキの効果を体感しやすく、下り坂でスピードが出そうな時もブレーキかけながらゆっくり進めるね。

もちろんストラップを付け、ブレーキをかけながら進めるから自分のスピードで歩く事ができるわけ。

さらに車輪には車でいうサイドブレーキみたいな機能もあるから、完全に車輪が回らないようにできる。

エアバギーのフットブレーキ

※画像をクリックすると拡大するよ!

これはベビーカーを止めて、ちょっと離れる時も安心できるし、何より止めたい場所固定できるのが大きい。

ちなみに坂道でも試してみたけど全く動かないから、どうしても坂道で固定せざるを得ない時に役立つよ。

こういった日常でベビーカーを使う時に細かい部分でストレスを感じるんだよね。

そしてこういったストレスを感じる理由が安全性じゃないかと俺は思うわけ。

ストレス

段差で引っかかったりした時、ベビーカーが前のめりになった状態で子供が放り出されないか?と不安になる。

もちろん体を固定するベルトを装着してるんだけど、前のめりになったらどんな体勢になるか想像できないからね。

こういった不安要素がストレスとして感じるのではないか?というのが俺の見解なのよ。

エアバギーはかなり画期的なベビーカーと思うし、これ以上の性能の機種は出てこないと思う。

エアバギーにもデメリットがある

それだけ完成度の高いエアバギーなんだけど、実は良いトコばかりではなかったんだよね。

デメリットを感じる部分もあって、これは同じ事感じる人も多いんじゃないか?と思う。

それは走行性能とは一切関係のない部分で、エアバギー自体のサイズなんだよね。

ボディ本体自体が大きいから、折りたたんでも結構スペースを取ってしまうわけ。

エアバギーのサイズ

※画像をクリックすると拡大するよ!

これがエアバギーの公式サイトで見れるサイズ表なんだけど、折りたたんでも結構大きいのが分かるよね。

車の中に積む時も軽自動車だと、1人分のスペースを完全に潰してしまうくらい大きいのよ。

普通車のセダンでもトランクに入るかどうか?というサイズだから、意外と車に積む時に苦労しちゃうわけ。

アルファードみたいな1BOXは広いからいいんだけど、軽だと車によっては相当厳しい状態となってしまうんだよね。

たまに軽の助手席にベビーカーを畳んで置く人を見るけど、多分トランクに結構荷物置いてるから場所が無いんだろうなと。

軽自動車

走行性能は文句なしなんだけど、サイズが大きいから車に積む時にスペースを取ってしまうというのが悩みになるかと。

エアバギーでもメリットとデメリットの両面があるので、エアバギーの購入を検討する場合は車に積む事も考えてからにした方がいいと思う。

俺はアルファードに積んだ時はスペースはそこまで気にならないけど、もう1台の軽自動車に積む時を考えると気になる。

その辺は割り切って使えばいいと思うし、俺はメリットの方を圧倒的に感じているからデメリットがあってもいいかと感じてる。

これは帰りに沖縄料理店にエアバギーで入っていき、メニューを見ている妻と娘だね。

俺の子育て・妻と娘

※画像をクリックすると拡大するよ!

あまりにもエアバギーの良さを体感したけど、コンビミニが駄目だと感じているわけじゃないよ。

両方を使い分けていけば、上手くやって行けると感じてる。これはまた今度書いて行こうと思う。

それにしてもエアバギー、買って良かったよ。