新車と中古車のどっちが安くなる?

こんにちは。

ファミリーカーは新車と中古車のどっちが経済的?なのかを検証したいノッピーです。

そして俺自身の体験をもとに、新車か中古車の購入で悩む方にアドバイスをしたいとも思ってるわけ。

と言うのも、俺は今月ファミリーカーで中古のアルファードを買ったんだよね

妻と相談して新車も考えたんだけど、結果的に中古車の方が経済的に負担が少ないって事で中古にしたのよ。

その決定をする前に、車と中古車のぞれぞれかかる費用を人文でシミュレーションしてみたわけ。

車で掛かるお金

できる事なら新車がいいと思うんだけど、実は数年単位で比較すると中古車の方が遥かに安上がりって分かったんだよね。

そこで、実際に俺がやってみたシミュレーションの方法を書いていくね。

まず前提として、新車と中古車をそれぞれ6年乗った場合を想定して話を進めていくから実際にイメージしてみてほしい。

対象車は分かりやすいからアルファードにしておこう。

新車の場合は排気量2500で、中古車の場合は俺が実際に購入した排気量3000で話を進めていく。

じゃあ、これから実際にシミュレーションしていくのでファミリカー購入の参考にしてね。

新車と中古車は購入費用で大きな差が出る

まず新車と中古車は購入時の価格で一番大きな差が出るんだよね。

アルファード購入のトータル費用が新車(新型)で400万、中古車(旧型)で100万として考えて行こう。

新車価格は一番低いグレードで想定してるんだけど、一番高いやつだと700万越えちゃうからね。

※1500万のグレードもあるけど、今回は除外って事で考えていく。

そんで見て分かる通り、この時点で中古車が300万安いんだけど車体価格の差って一番わかりやすいのよ。

お金は大事

保険とか税金は同じ金額だとしておくけど、この辺の費用は基本的に大きく変わる事はないからね。

やっぱ300万も購入費用で差が出るとなると色々と考えちゃうよね。

300万あれば生活費と育児費用にどれだけ回せるか?を俺は想定するけど。

ちょっとした小排気量の車が新車で買えて、尚且つ数十万のおつりがでるくらいだし。

例えばホンダのフィットなんて新車で200万行かないのもあるくらいだしね。

それだけ300万円の差って考えさせられるし、家計の事も考えたら新車で購入するのは勇気が必要になる。

やっぱ貯金が一気に減るのは妻も嫌がっていたけど、俺も同じ考えで先の事考えちゃうからね。

新車と中古車のガソリン代の差を比較

じゃあ次に新車と中古車で実際にかかるガソリン代を想定してみよう。

ガソリン代(ハイオクでリッター150円と仮定)なんだけど、燃費は新車がリッター8キロで、中古車は5キロとしてみる。

この中古の燃費は、実際に俺が購入した初代アルファードの実燃費だからリアルに伝えられるかと。

そしてガソリンを満タン(仮に両方の燃料タンクは60リッターとする)に入れたとする。

走行を想定するのは高速道路は無しで、全て一般道路としておく。

ガソリン代1

高速走ると燃費が良くなるからね。今回は日常の使用を想定するから高速は無しで。

で、新車は燃費がリッター8キロ×ガソリン60リッターで、満タンで480キロ走れる

新車は排気量が2500という事もあって、ワンボックス最大級の車種にしては燃費はそこそこな感じだね。

一方、中古車は燃費がリッター5キロ×ガソリン60リッターで、満タンだと300キロ走れる

満タンで300キロしか走れないから、燃費としては正直言って良くないのは言うまでもないよね。

新車・中古車共にガソリン代はハイオク150円×60リッターで9000円としても、この時点で走行可能な距離が180キロも違うわけ。

この走行距離の差がが積み重なるとガソリン代の差も大きくなるのが予想できるよね。

新車は中古車よりもガソリン代が約23リッター(180キロの差)分として3450円分が毎回お得になる。

1回の給油でこれだけの差が出るんだけど、これを毎月繰り返すと年間で見て凄く差が出ちゃうんだよね。

月に1度ガソリン満タンで入れるとして、1年で3450(月の差額分)×12か月で4万1400円の差となる。

お金の計算

1年で4万1400円の差額をどう受け止めるか?で新車と中古車の見方が変わって来るよね。

俺の場合、これだけしか差が出ないの?って思っちゃうけどさ。

だけど6年も積み重ねると、年間4万1400円の差×6年で24万8400円となる。

この差って結構大きいよね。24万8400円あれば何ができるかな?と考えてみるよね。

実はガソリン代ってのは積み重ねて想定してみると、徐々に大きな差になって分かりやすい部分なんだ。

車検代の差額も想定

6年間乗ったと想定し、車検代を比較したらどうなるだろう?

まず車検代ね。1回の車検で約13万かかると仮定してみるけど、だいたいこれくらいは平均でかかるから。

ちなみに新車で6年乗ると受ける車検は2回で済むのよ。

と言うのも、新車の場合は初めて車検を受けるのが購入後3年目、そして5年目となり6年で2回しか車検は受けない事になる。

じゃあ中古車はというと、基本的に2年に1回が通常の期間になるんだよね。

車検

中古車で6年乗るから3回車検を受ける事となるのよ。

じゃあ実際にかかる費用はというと、新車の場合は2回の車検で13万円×2回で26万円

6年間で2回の車検で済むから、必要な経費としては納得する部分でもあるんだけどね。

そんで中古車の場合は6年乗って3回の車検で13万円×3で39万円

新車は中古車より車検回数は1回少ないので、13万円の差が出る。

6年で考えてみると、13万円の差だけど俺の場合は割り切ってる

ただ中古車の場合、1回多くなるだけなんだけど、考えようによってはこの13万円も大きいかもね。

日本は海外と違って、必ず車検を受けないといけないから余計な出費がかかってしまうのよ。

6年間乗った場合の差額は?

じゃあ6年間それぞれ新車と中古車を乗った場合のトータル費用で最終的な比較をしよう。

最初に比較した購入費用で既に新車が300万円と大幅に中古車を上回っている

車体に関しては最新型と初期モデルなので極端な比較だけど、俺が実際に買ったのは初期の中古車ね。

次にガソリン代だけど、単純に1年4万1400円の差×6年で24万8400円の差が出て新車が安くなってる。

この金額を高いのか安いのか?の見方で車の選び方も変わって来るんじゃないかと思える。

そして車検代は、6年間だと新車2回で中古車3回となり13万円の差で新車が安く済む。

お金を数える

ここで考えてみて欲しい、新車と中古車で300万円という大きな差が出ている。

そこで6年間の差額を一気に計算してみよう。

新車が上回っている購入費用の300万円から、ガソリン代(24万8400円の差)と車検代(13万円の差)を引いてみよう。

そうすると合計で262万1600円の差となり、新車を買うより中古車を買う方が大幅に安く済むのが分かる。

新車に6年間乗ると、中古車よりも高くついてしまうって事なんだよね。

中古車も程度が更に良い物だと価格は上がっていくけど、新車との差額は結構出ちゃうわけ。

確かにガソリン代や車検代とかの費用は新車の方が安く済んでるのは事実。

でも購入費用の差がやはり大きく響いちゃってるのよね。

結果的に俺は中古車を推奨

最終結果として俺はやはり中古車を推奨したい。

新車と中古車の数年間の費用をトータルで考えるのが大事だよ。

俺が購入した中古車の場合、ガソリン代や車検代とい部分では劣っているけど購入価格の差である300万円を殆ど埋める要素は何もないんだよね。

1つ1つを見比べてみるとさ、新車の方が良いという部分は実際にあるわけ。

お金を計算した結果

でも数年単位で見てみると、圧倒的に中古車の方が安く済んじゃうのが事実

そこで俺は迷わず中古の初期型アルファードを選んだのよ。

でもね、正直言うと俺は新車のアルファードが欲しかった…。

だけど、子供が生まれてから何かと金がかかるのは分かっていたので、中古車にして浮いた金を生活費にまわそうと考えたのよね。

金にものすごく余裕のある家庭なら新車でもいいんだけど、先の考えたら中古車の方が結果的に安上がりでいいかと。

燃費が悪くても、数年単位で見ると新車よりもトータル費用の面で見るとお得だからね。

中古車を探す

というわけで俺はこういったシミュレーションを行って中古車を選んだのよ。

こういう考え方もあるので、ファミリーカーを買う時の参考にしてみてよ。

それと、同じ中古車なら近い金額で状態がより良い方を選ぶといいよ。

やっぱさ、長い目で見るとかかる金が少なく済む方が後々助かるから。

ファミリーカーは必ず購入前にシミュレーションしてから検討してね。