妊娠高血圧症候群の原因と自覚症状

こんにちは。

今調べている妊娠高血圧症候群の事を知れば知るほど妻の健康が気になるノッピーです。

いやね、調べつづけている内に母体と赤ちゃんの成長に悪影響を与える症状だと分かって、健康の重要さを感じてるんだよね。

妊娠中の健康

前回は母子の健康を守る為の予防方法について調べたんだけど、今回は自覚症状と原因について書いていくよ。

この調べてみたシリーズだけど、夫も妻やお腹の中の赤ちゃんを守る為に必要な知識なので知っておいた方がいいと感じる。

じゃあ今回も妊娠高血圧症候群について俺自身が調べて学んだ事を紹介していくから役立ててほしい。

妊娠高血圧症候群になる原因と考えられている状態

まず妊娠高血圧症候群はいきなり起きる症状ではないって事を知っておいてほしいのよ。

日常生活における習慣の乱れが原因なんだけど、特に食生活が引き金になって発症してしまうんだよね。

妊娠高血圧症候群になりやすい傾向のある生活習慣を以下の項目にまとめてみた。

妊娠高血圧症候群になりやすい傾向
  • 現在、腎臓病もしくは糖尿病を患っている
  • 高血圧である、またはなりやすい家系に生まれた
  • 肥満体型である
  • 食事の味付けは塩辛いものが好き
  • 過労気味で体が疲れやすいと感じる
  • 以前に妊娠高血圧症候群になった事がある

上記のどれか1つでも当てはまるのであれば要注意だよ。

もしどれにも当てはまらなかったとしても、今後の生活習慣が乱れないように維持していくのが大事だね。

女性の肥満

そして今までの医療機関による研究で、妊娠高血圧症候群になる主な原因は血管内皮障害・血管攣縮・凝固異常・血小板や好中球の活性化などによる抹消循環不全であると考えられてるそうなんだ。

また、妊娠高血圧症候群は妊娠負荷に対する恒常性(状態を一定に保つ力)の維持機構が破綻して、適応不全を起こした状態であるとも考えられてるんだよね。

簡単に言えば、血液が循環する際に体組織に必要な量を送る事ができない状態なわけ。

妊娠中の血液

だけど未だに医学界でも正確な原因は判明してないから、できるだけ早く解明してほしいトコなんだけどさ。

明確な原因は判明していないけれど、生活習慣の乱れが関わっているのは間違いないので上記の傾向には注意してね。

妊娠高血圧症候群で起こる症状

妊娠高血圧症候群になった時に起きる症状について調べてみた。

もしも妊娠高血圧症候群になると、内臓を初めとした体の各部位の血管がダメージを受けている状態となってんだよね。

そして症状がさらに進行した場合、腎臓や肝臓の血流が悪化して母体に悪影響を残す可能性が高くなってしまうわけ。

血流の悪化

母胎の状態の悪化によって胎児に栄養を送る胎盤に存在する血管の働きも悪くなって胎児の成長にも悪影響が出てしまうのよ。

例えば、胎児に必要とされる栄養が充分に送れなくなって亡くなったりする(死産)事例も起きてるからね。

だからこそ母親の健康状態を維持しないと、悪化したら直接胎児にも影響が出るって事なんだ。

胎児の健康状態

さらに症状が進んで重症化した場合、母親は血圧上昇が起きて蛋白尿が出るようになるのよ。

蛋白尿ってのは見た目では分からないので、判別方法は尿検査を行って判断するしかないわけ

また妊娠高血圧症候群によって体の各部位で合併症が起きる可能性もあるのよ。

合併症が起きる部位と症状
  • 脳⇒子癇・脳出血
  • 肺⇒肺水腫
  • 肝臓⇒肝臓機能障害・HELLP症候群
  • 腎臓⇒腎機能障害

こういった合併症も起きる可能性があるから、できるだけ早期発見するためにも定期的に妊婦健診は受けておいてね。

妊娠中って食事や運動に関して、妊娠前とは違ってくるから自分でも気づかない内に生活習慣が変化する事もあるのよ。

だからこそ検診を受けて、客観的に数値で判断するという健康管理をした方がいいと思う。

胎児に与えると考えられる症状

妊娠高血圧症候群によって胎児へ起こる影響について調べてみた。

何度も言ってるけど、母体の健康状態が悪化すると胎児にも影響するからね。

胎児に与えると考えられている症状は以下。

妊娠高血圧症候群が胎児に与える影響
  • 胎児発育不全⇒発育状態が思わしくない
  • 常位胎盤早期剥離⇒子宮から胎盤が剥がれて充分な酸素が届かなくなる
  • 胎児機能不全⇒胎児の呼吸や循環機能の状態が悪くなる
  • 胎児死亡⇒急に亡くなってしまう

この4つの症状が起きると胎児の命が危険な状態に陥ってしまうのよ。

もし、これらの状態で出産を行った場合、胎児が障害を抱えて育っていく可能性も否定できないんだよね。

赤ちゃんの障害

大事な子供の命と人生に影響を与えてしまうかどうかは、全て母親次第とも言えるのよ。

だからこそ妊娠中だけではなく、妊娠を計画している時点から体調管理を行ってほしいと俺は思ってるわけ

健康な状態で妊娠して、元気な赤ちゃんを産んでほしいと心から願ってる。

妊娠高血圧症候群で感じる自覚症状

妊娠高血圧症候群になった時に、自分で認識できる自覚症状について調べてみた。

以下の症状が自覚症状だけど、もし当てはまって気になるなら産婦人科に相談してね。

妊娠高血圧症候群の自覚症状一覧
  • 急激な体重の増加(週に500g以上増える)
  • 目がかすんだり、チカチカする
  • 頭痛がしたり、頭が重いと感じる
  • 血圧が高い(最高140mmHg以上、最低90mmHg以上)
  • 脚の浮腫
  • 尿量が少なくなったり、蛋白が出る
  • 胸やけがよく起きる
  • 呼吸困難・息切れ
  • 胃の右上部の痛み

ただし、妊娠高血圧症候群における自覚症状って実は分かりにくい事の方が多いんだよね。

あと浮腫に関しては妊娠後期になれば誰でも起きる事だから、これだけで妊娠高血圧症候群という判断はできないからさ。

妊娠中の浮腫

さっきも書いたけど、自覚症状に近いモノを感じた時は必ず産婦人科で医師に相談してほしい。

ちょっと気になる程度だから相談しなくてもいいやと思って放置していると、症状が進行してしまい発見が遅れる事もあるから要注意

できるだけ早期発見ができるように定期健診は欠かさずに受け、気になった事はどんどん医師に相談してね。

妊婦健診

妊娠中は母子ともに健康を維持する事が大切だから、何かあってからでは遅いから早めに対応していって。

そして健康に過ごせる妊娠生活を送っていってね。