胎児エコーで赤ちゃんの状態が分かる

こんにちは。

赤ちゃんが誕生するまで1ヶ月を切り、父親になる準備を始めているノッピーです。

今まで妻が産婦人科に通って胎児エコーの写真を定期的に撮ってたんだけど、赤ちゃんの成長ぶりが良く分かるんだよね。

胎児エコー検査

俺は妻が病院で貰ってきた胎児エコーの写真を見ながら、どんな感じで成長しているのかを実感してたわけ。

また胎児エコーは赤ちゃんの成長だけじゃなく、母体の健康状態や異常の早期発見ができるんだよね。

そこで今回は胎児エコーについて自分で調べて学んだので、内容をまとめてみた。

胎児エコーの写真で健康状態を把握

胎児エコーって実は母胎に一番負担をかけない検査方法なのよ。

妊娠中に行う胎児エコー検査の目的だけど、胎児の発育・形態・機能・胎盤・羊水・臍帯のそれぞれの状態を確認して把握する事なわけ。

妊娠中は子宮の中に羊水が適度に存在し、エコー検査の妨げになる胎児骨化は進んでないから胎児形態を観察しやすい状態になってんだよね。

多事エコー検査

また、エコー検査で初めて胎児の異常が確認されたのは1972年で、病名は「無脳症」と呼ばれれ、両側大脳半球が欠損した状態なのよ。

胎児や母親のスクリーニング検査(無症状の者を対象に、疾患の疑いのある者を発見することを目的に行う検査)として行ってんだ。

でも今では医療技術が進歩して無脳症は妊娠10週辺りで診断できるようになったのよ。

そんで消化器系や循環器系の異常も併せて診断できるようになったから、より早く胎児の健康状態を把握できるわけ。

胎児エコー

現在は三次元測定(3D)のエコーで胎児の表情も分かるようになり、どんな顔つきかをしてるのか?も分かるようになってるよ。

俺も妻のお腹の中にいる赤ちゃんの表情まで把握できてるから、どんな顔してるのかってのも事前に知る事ができて便利だと感じた。

妻が胎児エコーで赤ちゃんの写真をもらってくるたびに成長を見守る親としての喜びも感じられるんだよね。

胎児エコーの安全性は大丈夫?

やっぱ胎児エコーで母胎を検査するとなると安全性はどうなの?って思うじゃない。

実はエコー検査の安全性は母子ともに保障されてて、検査回数に関しても制限がないから何度でも行えるから安心できるのよ

そんでエコー検査ってのは生体への侵襲(体を傷つける事)の低さが最大の利点なわけ。

胎児エコーの安全性

母胎や胎児にダメージや悪影響を与えずに検査できるってのがいいよね。

さらに母と胎児に対して画像における診断方法として胎児エコーは優れてるのよ。

また、病名はつかないけど正常として考えられる症例に対しエコー検査を行い、正常であることを確認する事で安心も得られる。

胎児エコーと妊婦

産婦人科で行うスクリーニング検査だけど、全ての妊婦が対象になるから必ず受ける事になるんだよね。

ただし精密検査を行う場合はスクリーニング検査だけではなく、羊水検査・絨毛採取・臍帯穿刺などの安全が保障されない検査を含むから事前に必要性を知っておくべきだと思う。

大部分の妊婦や胎児が正常であることを確認し、異常妊娠の見落としを出来るだけ回避するためにエコー検査はスクリーニング検査と精密検査の両方を行うのが良いとも言えるよね。

胎児エコー写真で分かる赤ちゃんの成長過程

エコー写真を見る度に赤ちゃんの成長が目に見えて分かるんだよね。

俺も週を追うごとに成長していく赤ちゃんの姿を見ていると、産まれてくるのが楽しみになるわけ。

実際に妻が貰ってきた胎児の頃のエコー写真がこれね。

胎児エコーの写真1

※画像をクリックすると拡大するよ!

この時は妊娠6週目なんだけど、赤ちゃんの大きさは6ミリ程度で人間の形じゃなく豆のような形だね。

妊娠初期の赤ちゃんは本当に小さくて、大豆くらいの大きさだけど1週ごとに成長していくのよ。

そんで次は妊娠19週のエコー写真。

胎児エコーの写真2

※画像をクリックすると拡大するよ!

この時点で既に人の形になってて、顔は横を向いてるんだけどさ。

順調に成長してくれたら元気な赤ちゃんになりそうな感じだね。

成長における異常も発見されず、健康体であることが分かって俺も安心したよ。

さらに妊娠8か月時点ののエコー写真がこれ。

胎児エコー写真3

※画像をクリックすると拡大するよ!

お腹の中にいる赤ちゃんを右側から撮影してんだけど、指の形もハッキリしてるでしょ。

産婦人科の先生が分かりやすくボールペンで形をなぞってくれたから、具体的に顔や手の部位が分かるのよ。

さらにこっちは3D撮影したエコー写真ね。

胎児エコー写真4

※画像をクリックすると拡大するよ!

かなり顔の形がハッキリ見えるから、どんな顔してるのか?も分かりやすいよね。

しかも、この時点で顔を見て二重瞼だという事も分かるくらい明確な映像として確認できちゃうわけ。

俺は二重瞼で妻は一重瞼なんだけど、正直言って俺の二重を継いでほしかったから凄く嬉しかったよ。

こうやって妊婦健診の際にエコー検査を行う事で、赤ちゃんの成長の度合いが可視化できるんだよね。

俺と妻も妊娠中に赤ちゃんの写真を見ながら出産して出会えるのを楽しみに日々を過ごしていってるよ。

エコー写真の保管方法

産婦人科の妊婦健診で貰ったエコー写真の保管方法を紹介しとくね。

どこかに置いておいたはずが、場所が分からなくなってしまうなんて事が無いようにしたいとこだね。

大事な子供の成長の過程が見れるから、できるだけ綺麗に整理して保管しといた方がいいよ。

そこで、こんな感じでアルバムに纏めておく保管方法がお勧めだね。

胎児エコー写真の保管方法

 

※画像をクリックすると拡大するよ!

この方法なら成長の記録と共に、赤ちゃんの様子を見る事がいつでもできるからね。

1人目が生まれ、そして今後2人目や3人目の子供が出来た時も、それぞれのアルバムを見て楽しむ事もできるし。

写真と共に妊娠の週数と赤ちゃんのサイズを分かりやすくしておくと、どれくらい大きくなるかも数字で分かりやすいよ。

妊婦健診の時に貰ったエコー写真をしっかり保管しておけば、すぐに確認できるから是非ともやってみてね。