シルバニアパークに行ってきた

こんにちは。

堺市にあるハーベストの丘のシルバニアパークに行ってきたノッピーです。

ハーベストの丘はもう何回も行ってるので常連化して来てるんだけど、3月20日に「シルバニアパーク」がオープンしたんだよね。

そこで妻の提案で子供達を連れて見に行ってみようというわけで、早速行ってきたですよ。

ちなみに以前からハーベストの丘の売店に「シルバニアファミリー森のマーケット」という専門店はあったのよ。

シルバニアファミリー森のマーケット

※画像をクリックすると拡大するよ!

結構店内はファンなら欲しがるような人形や関連グッズがいっぱい置いてあるんだけど、本格的なシルバニアファミリーの体験はそうそうないわけ。

ただし、今は世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で、シルバニアパークの一部の施設が中に入れないけど、これは仕方ないよね。

そんなわけで、今日行ってきたのでシルバニアパークの内容について写真付きで紹介していくよ。

小さな女の子の家族連れならぜひ一度は行かせてあげたい場所なので、参考にしてみてほしい。

遂に関西初のシルバニアパーク誕生

遂に関西圏初のシルバニアパークがハーベストの丘に誕生したんだよね。

東日本だと茨城県にあるんだけど、流石にそこまで子供を連れて行くのは遠すぎるじゃない。

今年でシルバニアファミリー生誕35周年という事で、記念の年にハーベストの丘にシルバニアパークができたって事。

俺の家からは30分くらいで行ける距離なので、いつでも気軽に行ける場所だし、娘が大きくなったらシルバニア目当てで行く回数も増えそうな予感。

ハーベストの丘のシルバニアパークの案内

※画像をクリックすると拡大するよ!

そんで朝10時半くらいにハーベストの丘に到着すると、早速こういった案内が出てたのよ。

これはファンなら今すぐにでも体験したくなるような、胸が高鳴る思いで歩いていく事になるんじゃないかな。

俺はシルバニアファミリーの事は詳しくないけど、動物たちが街で生活しているストーリーという程度の知識しかないのよ(笑)

ちょっと天気が不安だけど、午前中から正午にかけてならいけるだろうというわけで入口へと向かう。

まあ、俺や家族もシルバニアパークは初めてだし、今回をキッカケにシルバニアファミリーの事を知って行けばいいかと。

そんなわけで、関西圏初のシルバニアパークに向かってみよう。

シルバニアパークの詳細
ホームページ:https://farm.or.jp/event/5012
入場受付:平日は朝9時半~16時半まで、土日祝日は朝9時半~17時まで
入場料金:600円(3歳以上が対象)※詳細はホームページに記してあるので、一度見ておいて。

シルバニアパークは体験型テーマパーク

シルバニアパークは実際にシルバニアファミリーの世界を体験できるテーマパークなのよ。

そんで早速ハーベストの丘の入り口で年間パスを通し入場していくんだけど、やっぱシルバニアパークの宣伝を大きくやってるよね。

ちなみにシルバニアパークの入場料金は、ハーベストの丘の入場料金とは別で必要だから間違えないようにしといて。

今日でオープン3日目だけど、コロナの影響で来園者は少なめな感じ。逆に動きやすいという利点はあるんだけどさ。

ハーベストの丘の入り口

※画像をクリックすると拡大するよ!

入り口の右側に大きく宣伝してるんだけど、シルバニアファンの人なら一度は来てみたいはず。

娘も行くのを楽しみにしてるし、俺もどんなテーマパークなのかが気になってきてるからね。

シルバニアパークオープンの宣伝看板

※画像をクリックすると拡大するよ!

今日来て初めて知ったのが、ハーベストの丘も今年で20周年という記念すべき年なんだよね。

そんな記念すべき年にシルバニアファミリーの35周年と重なったから、これはもうパークを作るしかないと。

ちなみにシルバニアパークのある場所は、この園内マップである街のエリアの左上あたりだね。

シルバニアパークのある場所

※画像をクリックすると拡大するよ!

この場所なんだけど、以前は芝生があってハーベストパークに来た家族がテント使って過ごしたりしてたとこだね。

春から夏にかけてはそういった光景がよく見られたし、子供と一緒にボール遊びをする親なんかも良く見たのよ。

敷地としては結構広めで、学校のグラウンドくらいの広さはあると思う。

じゃあこれからシルバニアパークに入って体験していくので、写真を出しがら解説していくから。

シルバニアパークの入り口

シルバニアパークの入り口近辺で入場受付をやるのよ。

テントがあって、そこで入場料金(3歳以上から1人600円)を支払うんだけど、年間パスポートがあれば100円割引になる。

そんで入場料金を支払うと専用の緑色のリングをに見つけるんだけど、これは料金を支払った証明だね。

シルバニアパークの入場リング

※画像をクリックすると拡大するよ!

入り口に入る時にこれを見せて入場できるんだけど、基本的に手首に装着するわけ。

でも長男が腕に付けるのを嫌がったので足首に装着したけど、これもOKで入場できたのよ。

とりあえず見える部分に付けてればいいみたいで、長男が腕に付けるのを嫌がった理由は不明だけど、まあいいや。

シルバニアパークの入場リングを足首に付ける長男

※画像をクリックすると拡大するよ!

入場前に「クイズラリー」の用紙を貰うんだけど、全部で5問あってパーク内の施設に関する問題だね。

そんで5問全部正解するとオリジナルのシルバニア人形を貰えるという。

ちなみに、この人形はシルバニアパーク限定でハーベストの丘と茨城県にあるとこでしか貰えないみたいなのよ。

ファンの人はこういった限定人形は欲しいだろうね。やっぱコレクションの1つとして揃えたいじゃない。

シルバニアパークのクイズラリー用紙

※画像をクリックすると拡大するよ!

クイズラリーの答え合わせとオリジナル人形の受け取りだけど、パークを出てから「森のマーケット」に行ってからになるよ。

とりあえずパーク内に入ってみて施設を全部見てみようと思うけど、コロナウイルスの影響でどうなっているのかも気になるね。

既に娘と長男は楽しみなようで、早く入りたいと俺と妻を急かしてくるくらいだ。

シルバニアパークの入り口

※画像をクリックすると拡大するよ!

これがシルバニアパークの入り口だけど、2階の窓から白いウサギが出迎えてくれてるね。

そんで中に入るとウサギが3体くらいいて、スタッフに頼んで記念撮影もできるからやってみて。

入り口を出てパーク内に入ると娘と長男は走り出し、気になった施設に猛ダッシュ。

とりあえず妻が子供達を見てくれるので、その間に施設の写真を撮りまくる事にした。

シルバニアパークの地図

※画像をクリックすると拡大するよ!

これがシルバニアパークの地図なんだけど、主に9つの施設があるんだよね。

そこで1つずつ見て行ったので紹介していくよ。

シルバニアファミリー歴史館

最初に見たのはシルバニアファミリー歴史館だね。

全部の施設にこの看板があるんだけど、近づくとスピーカーから声が聞こえて説明してくれる。

おそらくだけど、声は登場するキャラクターのものだと思われる。

シルバニアファミリー歴史館の看板

※画像をクリックすると拡大するよ!

歴史館の外観はこんな感じで、2階建ての建物だね。

入り口を抜けて左側に行くとあるので、最初に見てもいいかなと。

中に入ると色んな物が見れそうな感じはするけど、入り口が入れなさそうな雰囲気だ。

シルバニアファミリー歴史館の外観

※画像をクリックすると拡大するよ!

中に入ろうとしたけど、コロナウイルスの影響で入れないようだ。

スタッフに聞いたら、室内なので万が一感染者がいたら室内で感染が起きかねないから仕方なくとの事みたい。

こればっかりは仕方ないが、せっかくオープンしたばかりなのにスタッフも客も入れなくて残念だが理解しとかないとね。

シルバニアファミリー歴史館の入り口

※画像をクリックすると拡大するよ!

とは言え、せっかく来たので歴史館の内部の写真だけは撮っておこうと思ったのよ。

これが入り口でウサギの親子が出迎えてくれるんだけど、1日でも早く早く入れるようになってほしい。

シルバニア歴史館の歴代作品紹介

※画像をクリックすると拡大するよ!

入って左側にはシルバニアファミリーの歴代作品の紹介がされてて、写真で見る事ができるわけ。

もっと近くに寄って見てみたかったが、入れないので仕方ない。

シルバニア歴史館の2階部分

※画像をクリックすると拡大するよ!

正面から見ると2階部分にウサギが2匹いて、ピアノと本棚が置いてあるね。

このウサギが家族なのか姉妹なのかは分からないが、こんな可愛い感じで出迎えてくれる。

※画像をクリックすると拡大するよ!

とりあえずこの出迎えてくれるウサギの親子をアップで撮っておいた。

中に入れるようになる日が早く来たらいいと思うよ。ファンの人は入りたくてたまらないだろうね。

俺もシルバニアファミリー歴史館の中を見てみたかったが、写真で分かる範囲で楽しんでみてよ。

赤い屋根の大きなお家

赤い屋根の大きなお家は主人公?のショコラウサギという女の子が住んでいる家みたい。

結構大き目な2階建ての家で正面と後から見ても楽しめるし、外には畑もあるんだよね。

赤い屋根の大きなお家の看板

※画像をクリックすると拡大するよ!

俺は「赤い屋根の大きなお家」という分かりやすい名前が気に入ったけど、主人公の家族が何人いるのかはまだ知らないわけ。

そんで、シルバニアファミリー歴史館と同様にこっちも中に入る事ができないので、室内の写真をできるだけ撮ってみた。

赤い屋根の大きなお家の入口

※画像をクリックすると拡大するよ!

入り口は3匹の子供達が出迎えてくれるんだけど、この赤い服の女の子がショコラウサギかな?

右は兄で後は弟って感じがするけど、背の高さで判断してみた。

赤い屋根の大きなお家のリビング

※画像をクリックすると拡大するよ!

これは赤い屋根の大きなお家のリビングだね。母親と赤ちゃんがいるけど、子だくさんの家族だな。

テーブルには食事が用意してあるので、どうやら食事の準備中だと思われる。

家族が全部で何匹いるのかはわからないけど、父親はどこにいるんだろうか?

赤い屋根の大きなお家の2階部分

※画像をクリックすると拡大するよ!

これは2階部分だけど、子供達のベッドが置いてあって寝室だと思われる。

どうやら家の構造としては中央が吹き抜けになってて、家族のコミュニケーションが取りやすそうな作りになってるね。

そのうち子供達が成長したら個室を与えてあげて欲しい。

赤い屋根の大きなお家の畑

※画像をクリックすると拡大するよ!

家の外に畑があるんだけど、どうやらこれが父親みたいだね。

畑にはカボチャ・レタス・カリフラワー・人参などがあるんだけど、父親の職業は農家なのかな?

もしくは休みの日に趣味で畑をやっているのかは分からんが、一部で自給自足生活をしているようだ。

赤い屋根の大きなお家の畑側からの外観

※画像をクリックすると拡大するよ!

これが赤い屋根の大きなお家の畑側から見た外観だけど、2階のベランダもあるので結構広い家みたい。

父親が畑で農作業している様子を小さな子供達が見る事もできるし、見晴らしは良さそうだね。

赤い屋根の大きなお家の後ろからの外観

※画像をクリックすると拡大するよ!

こっちは後ろからの外観なんだけど、階段があって2階のベランダに直接登る事ができるようになってる。

これって家としてはかなり豪華な作りになってるんじゃないかと思うわけ。

もしかして父親は会社の社長か何かをやっているのか?こういった家作ると高そうだからね。

こんな感じでショコラウサギ一家が暮らす赤い屋根の大きなお家を見てみた。

お城のゆめいろゆうえんち

小さな女の子が好きそうな「お城のゆめいろゆうえんち」はファンタジー感満載だ。

シルバニアパーク内で唯一の遊園地的な施設で、中には子供が遊べるようになってるんだよね。

お城のゆめいろゆうえんちの看板

※画像をクリックすると拡大するよ!

見た目からして女の子が好きだろうし、娘も近寄ってきてこれを見ると「お父さん、見て」が早速炸裂したのよ。

確かに小さな女の子なら誰しもが入って見たくなるような見た目の遊園地だね。

外の観覧車が背景に入ってるんだけど、豪華な雰囲気を出してて凄くいい。

お城のゆめいろゆうえんちの外観

※画像をクリックすると拡大するよ!

ここも中に入る事はできないんだけど、室内系は全部コロナウイルスが落ち着くまでは無理だろうね。

娘が入りたそうにしてたんだけど、今は入れないというのを説明したら残念そうに妻の所に走って行ってしまった。

お城のゆめいろゆうえんちの入り口

※画像をクリックすると拡大するよ!

流石に俺も娘が入りたかった気持ちは分かるので、室内の写真を撮って後から見せてあげたら喜んでたので一安心。

室内は滑り台と、柔らかいボールが敷き詰められているスペースがあるので子供は大はしゃぎで遊ぶだろうね。

そんで室内には幼児の動物たちがいて、遊びに来る子供達を歓迎してくれてるのよ。

お城のゆめいろゆうえんちの室内の様子1

※画像をクリックすると拡大するよ!

入り口にはショコラウサギがいて、子犬・ウサギ・パンダ・リス・猫といった可愛い系の動物たちが並んでるわけ。

奥にはさっき言った滑り台とボールのスペースがあるので、幼児は大興奮するだろうね。

お城のゆめいろゆうえんちの室内の様子2

※画像をクリックすると拡大するよ!

とりあえず今は入る事ができないけど、解禁されたら娘を思いきり遊ばせてあげたいんだよね。

子供が遊んでる傍らで親が座って見守るってのがイメージできるし、早く入れるようになるといいな。

かわいいロープウェイ

かわいいロープウェイは子供のウサギが乗ってるのよ。

今は柵で囲ってあるけど、もしかしたらロープウェイを動かして遊べるようになるかもしれないね。

かわいいロープウェイ

※画像をクリックすると拡大するよ!

今後かわいいロープウェイが自分たちで動かす事ができるようになるような気もするけどね。

そんでロープウェイのすぐそばに「どんぐりコロコロゲーム」というのがあったわけ。

どんぐりコロコロゲーム

※画像をクリックすると拡大するよ!

内容はシンプルで、どんぐりを穴に落とさないように反対側まで転がす遊びだね。

俺も何回か試したけど1度も成功せず、長男と娘にも試させてみたけど全く成功しないという。

どんぐりコロコロゲームは簡単そうに見えて実は難易度が非常に高いゲームなのよ。

どんぐりコロコロゲームのスタート位置

※画像をクリックすると拡大するよ!

こっちがスタート側なんだけど、ゴールに向けて傾斜が付けてあって、どんぐりも用意されてるのよ。

このゲームは1人でやるより、多くの人で競った方が間違いなく楽しいと思う。

森のどきどきツリーハウス

森のどきどきツリーハウスは今でも遊べる施設の1つだね。

滑り台がツリーハウスに付いてるから、子供は喜んで何度も滑ると思うよ。

森のどきどきツリーハウスの看板

※画像をクリックすると拡大するよ!

階段を上ってから滑り台を一気に滑り下りて遊べるから、特に男の子は好きそうだね。

この施設は子供達の遊び場って感じで、今後は実際に多くの子供達が滑り台で楽しむと思う。

森のどきどきツリーハウスの外観

※画像をクリックすると拡大するよ!

俺も娘と長男を呼ぶと、2人とも嬉しそうに猛ダッシュでやってきて早速階段を勢いよく登り始めた。

そして滑り台で滑るときは興奮して声を出しながら、何度も滑り続けてたね。

その様子を見て、他の子供達も滑り台を滑り出したんだけど、公園でよく見る光景みたいになってたのよ。

森のどきどきツリーハウスの室内

※画像をクリックすると拡大するよ!

室内はこんな雰囲気なんだけど、ここに関しては元々入る事はできなさそうな感じだね。

もしかしたら入れるようになるかもしれないけど、子供達は滑り台に夢中になりそうだけどさ。

森のわくわくログハウス

森のわくわくログハウスはウサギたちがいっぱい住んでる?ところだね。

そういやこのショコラウサギって色んな施設内にいるけど、やっぱ主人公だからかな。

このログハウスの中が落ち着いた雰囲気で、のんびり過ごせそうな感じがするわけ。

森のわくわくログハウスの看板

※画像をクリックすると拡大するよ!

結構大き目な作りの家で、赤い大きなお家くらいのサイズ感はありそうだね。

2階の窓からウサギとリスの子供が見えて、子供達が楽しく過ごしてる雰囲気が伝わってくる。

森のわくわくログハウスの外観

※画像をクリックすると拡大するよ!

そんでこの施設も室内には入れないんだけど、かなり広いので幼児なら広く過ごせそうだね。

ここにもショコラウサギがいて、これは家族と親戚?とかもいるのかな。

俺が今分かる事はウサギ一族の所有するログハウスだという事だけだが、良い家持ってて羨ましいわ。

森のわくわくログハウスの室内1

※画像をクリックすると拡大するよ!

室内の左奥がよく見えてなかったので撮ってみると、2段ベッドなんかもあるね。

中央のテーブルと椅子に座ってゆっくり紅茶でも飲もうか、という感じで会話してそうだけどさ。

森のわくわくログハウスの室内2

※画像をクリックすると拡大するよ!

森の中にあるログハウスってのが良い雰囲気出してるし、実際のシルバニアファミリーではどういう風に描かれているのか気になるトコだね。

こういった森の中のログハウスで俺も1日ゆっくり過ごしてみたいよ。

そんで家族でバーベキューでもやって楽しみたいところだ。

キラキラ湖

奥の方にあるキラキラ湖は魚釣り遊びが出来るよ。

湖の中にプラスチック製の魚が幾つも流れてて、竿を使って磁石で釣り上げるタイプだね。

魚は青・ピンクといった分かりやすい色になってるので、幼児でも認識しやすくなってる。

キラキラ湖と魚

※画像をクリックすると拡大するよ!

竿を使うのは無料でできるし、結構多くの子供達が夢中で釣り遊びをしてたんだよね。

そんで娘と長男もパーク内で過ごした時間の半分以上を釣りゲームにハマって楽しんでたわけ。

キラキラ湖の釣竿

※画像をクリックすると拡大するよ!

湖の側に「さかなつり」と書いてある入れ物の中に竿があるので、釣り遊びをしたい時に自由に使っていいやつだね。

竿は全部で6本あったと思うから、遊びたい子供が多い時は順番で使って行くのがいいよ。

キラキラ湖で釣りゲームをする娘と長男

※画像をクリックすると拡大するよ!

釣り遊びをしている娘と長男なんだけど、2人の距離が近すぎて磁石がくっついて何度もケンカになりそうになってた。

こういった釣り遊びも子供にとっては安全に出来るからいいよね。海や川だと危なかったりするし。

森のどきどきツリーハウスの滑り台と、キラキラ湖の魚釣りが子供達に人気の遊びみたい。

にじいろようちえんバス

唯一の乗り物である、にじいろようちえんバスは次々と子供達が乗りたがってたね。

入り口を抜けてすぐの位置にあるので、真っ先に目に入った子供達が寄って行ってたのよ。

にじいろようちえんバスの看板

※画像をクリックすると拡大するよ!

見た目は青く天井の部分が虹がかかってて、クラシックカーみたいなデザインだね。

バスの中には色んな動物の子供達が乗ってて、運転席に座る事ができるようになってるよ。

にじいろようちえんバス

※画像をクリックすると拡大するよ!

これから幼稚園に通園する動物の子供達と一緒にバスに乗るのは子供にとっては楽しそうだね。

ちゃんと幼稚園の制服を着て、黄色いバッグも持っているのでこれから通園するって感じなのよ。

にじいろようちえんバスの中

※画像をクリックすると拡大するよ!

運転席に座ると、正面にモニターがあって音声による解説なんかをやってたよ。

娘が後から来てバスに乗って楽しそうに声を出してたので、やっぱ子供はこういうの好きだなと実感。

風の丘のステージ

一番奥にある風の丘のステージはイベントをやってる場所だね。

シルバニアパークになる前から、このステージはあったんだけどたまにイベントやってたのよ。

風の丘のステージ

※画像をクリックすると拡大するよ!

ちょうど、入園したタイミングでステージ上にショコラウサギがいて、撮影タイムみたいなのをやってたんだよね。

そんで俺が見に行こうとした直前に撮影タイムが終わってしまい、ステージは誰もいなくなってしまった…。

何も見れないのも寂しいので下の写真を追加したけど、2日後に娘と長男が通うインタースクールが卒園式で休みになったので、妻が連れて行ってきて撮影に成功したわけ。

ショコラウサギの撮影

※画像をクリックすると拡大するよ!

ショコラウサギだけを撮影する事もできるし、ポーズもとってくれるのでファンサービスはしっかりしてくれるよ。

そんで娘と次男が一緒に撮影したんだけど、ちょっと娘が緊張気味だね。

娘と次男がショコラウサギと一緒に撮影

※画像をクリックすると拡大するよ!

こんな感じでショコラウサギと一緒に撮影できるので、シルバニアファンの人は是非とも撮影してみてよ。

どうやら、撮影タイムは決まった時間にやってるみたいなので、事前にホームページで調べてから行くといいよ

シルバニアパークにある施設は全部でこれだけあるんだけど、遊びながらクイズラリーもやっていってみてよ。

とちあえずクイズラリーも終わったので、森のマーケットに行って答え合わせをやって景品を貰いに行こうっと。

森のマーケットでクイズラリーの答え合わせ

パークを出た後に森のマーケットでクイズラリーの答え合わせをしに行く。

全問正解で1人1つの限定フィギュアを貰えるんだけど、今回は俺と妻と娘と長男の4人だから4体貰えるのよ。

次男は残念ながら赤ちゃんのでクイズラリーの対象にはならないので、もう少し成長してからになるね。

こんな感じでクイズラリーの答えを記入してみたわけ。ちゃんとパークを回ってれば誰でも全問正解できるから大丈夫。

(※ちなみに全問正解じゃなくてもフィギュアは貰える

クイズラリーの答え合わせ

※画像をクリックすると拡大するよ!

そして来園者限定のフィギュアを貰ったんだけど、これは1人1つ貰えるわけ。

今回は俺と妻と娘と長男の4人なので4個もらえたんだけど、貰えるのは3種類だから1つは被るけどいいかなと。

このフィギュアは期間限定とかではないから、来園してクイズラリーやればもらえるので大丈夫だよ。

スタンプラリーで貰ったシルバニア人形

※画像をクリックすると拡大するよ!

子供達と一緒にシルバニアパークを見てきたけど、凄く楽しんでいたようで連れてきて良かった。

娘はまた来たいと言っているので、近いうちに連れて行こうと思ってるわけ。

小さな子供連れの家族はハーベストの丘に行って、一度シルバニアパークを体験してみてよ。