アグリパーク竜王

こんにちは。

家族旅行の最後の目的地で娘と動物を見てきたノッピーです。

妻の里帰り出産期間を終えるにあたり、家族旅行に出たんだけど今回が最後の目的地になるわけ。

本当は寄る予定は無かったけど、妻の母親が寄ってみたいというわけで帰路につくついでに寄ってみたのよ。

アグリパーク竜王の看板

場所は滋賀県にある「アグリパーク竜王」ってとこなんだけど、ここは大き目な道の駅なわけ。

そこで動物もいたので娘に触れ合いを体験させてみようと思い、楽しんできた話ね。

アグリパーク竜王は有名な道の駅

アグリパーク竜王ってさ、道の駅でもかなり大きい施設があるわけ。

というわけで詳細は以下で確認できるよ。

アグリパーク竜王について
アグリパーク竜王のホームページ
施設案内があるから、行く前に確認しといてね。

実はこのアグリパーク竜王って所、後から知ったんだけど結構有名な場所だったのね。

一般的な道の駅って言えばさ、地元の農産物を直売しているってイメージじゃない?

でもここは農産物だけじゃなく、バーベキューができたり、動物と触れ合う事ができちゃうわけ。

アグリパーク竜王

※画像をクリックすると拡大するよ!

名前が竜王だから、入り口付近に竜の銅像みたいなのがあって、記念写真が撮れるように日時も表記されてるわけ。

到着してから妻と娘と3人で動物を見に行くことにしたんだけど、妻の両親は農産物を物色しに行ったのよ。

実際に来てみると意外なほどに子供連れでも楽しむ事ができると分かったので、早速動物を見に行く事にしたってこと。

俺も到着するまでは「まあ農産物とか売ってて、年配の人がよく来るような場所だろ」程度にしか思ってなかったんだよね。

そんなわけで、親子3人でどんな動物たちが待っているのか見に行く事にした。

動物たちと娘の触れ合い

動物がいる場所はちょっと奥にある建物の中だったかな。

娘はベビーカーに乗って入って行けるんだけど、動物に対して怖がるとか泣くといった反応はあんまりなかったね。

もちろん赤ちゃん連れでも動物は見る事ができるから、小さな子がいても安心して楽しめるよ。

建物の中で受付をやって料金の支払いをしてから、外に出ると動物たちが待ってたわけ。

アグリパーク竜王のアヒル

※画像をクリックすると拡大するよ!

こんなアヒルやカモなんかがクワクワ鳴きながらウロチョロしてるんだよね(笑)

そして柵の奥には馬・羊・山羊なんかが飼われてて、有料で餌(ニンジンとか)を与える事もできるシステム。

そこで俺は娘が動物に餌を与える体験でもさせてあげようと思い、ニンジンを購入。

娘と一緒に動物たちへ餌を与えてみる

まずは山羊に与えてみよう。

アグリパーク竜王の山羊

※画像をクリックすると拡大するよ!

とりあえず俺は娘を抱きかかえ、一緒にニンジンを持って山羊に食べさせてみる。

山羊は待ってましたと言わんばかりにニンジンを一気にボリボリ音をさせながら食うわけ。

そんで山羊ってさ、目の黒い部分が人間とは違って真横に伸びてるから表情が一定な気がするね。

次に餌を与えるのは羊ね。

アグリパーク竜王の羊

※画像をクリックすると拡大するよ!

普段は割と大人しそうな羊なんだけど、餌になるとがっついてくる(笑)

娘と一緒にニンジンを与えるんだけど、一瞬噛んでから一気に引っ張って持って行かれちゃうね。

とりあえず腹が減って、人間が餌を与えてくれるのを待っていたんだろうと思ったよ。

最後に餌を与えるのは馬。

どの動物たちより人参が大好きなのは言うまでもないだろう。

アグリパーク竜王の馬

※画像をクリックすると拡大するよ!

馬は2頭いたんだったかな、ポニーもいたような気もするけど記憶が曖昧なのよ。

そんでニンジンを娘と一緒に与えようとすると、フライング気味でこの表情で食いつこうとしてくるわけ。

鼻息が伝わってくるくらいにまで近寄ってるから、流石に娘がちょっと驚いて逃げようとしてたのよ(笑)

また、馬の体についての解説もあったので載せておこう。

馬の体の解説

※画像をクリックすると拡大するよ!

写真を撮っている最中、別の馬がニンジンをよこせと写真の右側から歯を見せている

ニンジンを見た瞬間に近寄ってきて、じっとこっちを見てくるんだよね。

まあ、ここで飼われて餌も与えてもらってるからニンジン見ると食べさせてくれると感じているんだろうが。

そんな感じで娘と動物の触れ合いも終わり、アグリパーク竜王を後にする事に。

1泊2日の旅の終わり

遂に家族旅行も終わり、妻の実家へと戻ってきた。

里帰り出産で5月に娘を産んで、9月までの4か月を実家で過ごした妻。

そして俺の4か月の独身生活も終わり、娘が加わって3人での暮らしが明日から始まっていくのよね。

家族旅行で色んな体験ができたので、俺自信も楽しむ事ができて良かった。

そんなわけで家族旅行編はこれにておしまい。

明日からは新しい生活がまた始まっていくのが楽しみだ。